小児歯科

横浜市西区にある高島歯科医院の小児歯科についてご紹介します。

高島歯科医院の小児歯科

「小児歯科学会認定医」とは?

本間 秋彦(ほんま あきひこ)「小児歯科学会認定医」とは、日本小児歯科学会が高度な知識と技術を認めた歯科医にだけ与えられる認定です。さらに、認定医は5年ごとの更新制となっているため、日ごろからの研修が必要になります。お子様の歯に、より良い治療を希望するのであれば認定を受けている歯科医を選ぶべきでしょう。

それに対して一般的な「小児歯科」を標榜するための条件は、歯科医院を開業していること。特に小児歯科の臨床経験は必要ありません。つまり、場合によっては小児歯科に必要となる知識や技術を持たない歯科医も存在するのです。お子様の大切な歯を、経験の浅い歯科医に任せられるでしょうか?

定期検診の重要性

定期検診の重要性長い人生を充実させるために、歯の健康維持は欠かせません。生涯において虫歯にかかる回数はできるだけ減らしたいものです。そのためにお勧めするのが、小児歯科による定期検診。定期検診を受けた年齢が小さいほど、将来虫歯になる確率が低くなるというデータがあるのです。

特に7~8歳までに定期検診を受けなかった場合、検診を受けていた人と比較して2倍近くも虫歯になりやすくなります。幼児期の予防は長い目で見て非常に重要なのです。