矯正歯科

矯正歯科治療のすすめ

歯並びが悪いと、見た目がコンプレックスになってしまいやすいほか発音などにも悪影響を及ぼしてしまいがちです。またブラッシングが難しくなるため磨き残しができ、虫歯や歯周病の原因にもなります。さらに、歯が正しく噛み合っていなければ食事の際にしっかり噛むことができず、胃や消化器官に負担をかけてしまうのです。このような問題を解決するためには、矯正歯科治療を受ける必要があります。

歯並びが悪いと、胃や消化器官に負担をかけてしまいます。
歯並びが悪いと、胃や消化器官に
負担をかけてしまいます。

「矯正歯科治療は子どもが受けるもの」というイメージを持つ方もいるかもしれません。確かに矯正は歯や顎が成長段階にある子どもに最適な治療法ですが、歯肉や骨に問題がなければ年齢制限はないのです。成人の場合、成長が終了しているため治療計画が立てやすいというメリットもあるのです。歯並びの悪さや不正咬合にお悩みの方は、まずはご相談ください。

目立たない矯正装置

目立たない矯正装置従来の矯正歯科治療では、金属製の矯正装置を使用することがほとんどでした。そのため、装置を気にする患者様は、なかなか治療に踏み出せないでいたのです。しかし、現在では目立たない矯正装置「セラミックブラケット」を使用するという選択肢ができました。

セラミックブラケットは半透明で歯の色に近いことが特徴です。そのためほとんど目立たず、矯正治療をしているようには見えません。また、壊れにくく治療効果が高いこともセラミックブラケットの特徴です。高島歯科医院では、矯正治療にセラミックブラケットを採用しています。