インプラント

画期的な補綴治療法「インプラント治療」

インプラント治療「インプラント」という言葉には、「植えつける」という意味があります。歯科における「インプラント」とは人工歯根を指し、これを歯を失ってしまった部分の顎の骨に植えつけるのが「インプラント治療」です。従来、歯を失ってしまった場合の治療は「入れ歯」や「ブリッジ」が主流でした。しかし、これらの治療は噛み合わせに不具合が生じたり違和感があったりと、デメリットが多いのです。

その点インプラント治療なら、天然歯とほとんど変わらない審美性と咀嚼力を手に入れることが可能です。高齢化社会である現代において、重要性が高まりつつある治療法だと言えるでしょう。高島歯科医院では、最適な「AQBインプラント」を使用しています。

インプラントのメリット

  • セラミック製で、見た目が天然歯と変わらない
  • 治療の際に周りの歯を傷つけない
  • 天然歯同様の噛み心地が得られる
  • 骨と結合するため、違和感がない etc…

インプラント

インプラント治療の流れ

高島歯科医院で行っているインプラント治療(AQB1回法)の流れをご紹介します。

1.カウンセリング

インプラント治療に関する詳しい説明など、充分なカウンセリングを行います。不安や疑問はここで解消してください。

2.診療・診断・治療計画の説明

インプラント治療を行なう部位や、口腔内の骨の状態などを詳しく診察し、レントゲン撮影などを基に治療計画を立てます。治療計画は患者様に丁寧に説明し、ご理解をいただいてから治療に取り掛かります。

3.術前処置

インプラント治療の前に、妨げとなるもの(歯周病や不良な冠など)の処置を行い、口腔内の衛生状態を整えます。

4.手術

手術治療計画に従ってインプラントを埋入します。AQBインプラントは手術時間が短いことが特徴で、1本につき10~15分程度で手術が完了します。

5.消毒

手術の翌日に、手術部位の確認と消毒を行います。外観を補うために仮歯などを入れることもあります。

6.治癒期間

インプラントが骨と結合するまでの治癒期間を設けます。AQBインプラントの場合、患者様によっても異なりますが、1ヵ月~2ヵ月程度で安定します。

7.人工歯の作製と装着

人工歯の作製と装着患者様の噛み合わせや歯の色をチェックしながら、最終的に装着する人工歯を作製し、装着します。

8.メインテナンス

インプラントを長持ちさせるために、定期的に歯科医院に通ってメインテナンスを行います。